楽は続かない

「楽に大金を稼ぎたい」

こんな風に考えるのは当たり前の事です。「苦労は買ってでもしろ!!」という言葉も日本にはありますが本当に苦労を買う人がいるでしょうか?出来るのならば楽して生活を豊かにしたいですよね。

椅子に腰かける女性

この様な考えを持っている若い女性が選択する職は風俗嬢やキャバ嬢です。男性の欲を満たせば良いという職業ですから簡単なようにも見えますよね。

しかし実際に働いてみるとそうでもありません。本当にアルバイト感覚で時給だけをもらえればいいという考えでこの世界に入ってくる子達も多いです。

ですがその高額な時給も仕事をしなければその分落ちて行ってしまうものなんです。よく【保証】という言葉が風俗求人には記載されていますがそれはどれだけ指名を取れなくても約束した時給をずっと支給するというものではありません。

その最低時給を支払う価値が無くなったらクビという事なんです。出勤日数を制限されてしまったりしたらクビへのカウントダウンです。

【ノルマ一切無し】という謳い文句も惹かれるところですよね。それだってある程度の指名を取れなかったらクビという事なんです。

どんな世界にでも最低限の役割は与えられています。ですからしっかり自分で時給を稼げる女性になれる様な努力は必要という事です。